遠山忠宏ブログ「アドベンチャーライフ」

間違えてはいけない事                 

今回のコロナ問題ではとても多くの間違いがあったと思います。

 

その間違いとは行政側とマスコミ報道ですが、特に行政側の対応です。

 

行政のトップは国民、県民、市町村民から選ばれた人です。

 

そしてその行政は日本国憲法に則ったサービスや許認可手続き、それに関連する業務を行なっていると思っています。

 

ですが、たまにごく一部の行政の人で「勘違い」をする人がいます。

 

それは、権力を持つことで市町村県民に対して権力で間違っていることをあたかも正しいかの如く強制する人がいるのです。

 

しかも納税者に対して上から目線で権力を振りかざそうとするわけです。

 

前にもこのブログで書きましたが、私は過去その様な場面に遭遇し、どちらが正しいか証明するために行政を訴えようとしたことがあります。

 

結果的には当時の担当責任者が、丁重にお詫びしてきたので訴えることはやめましたが、訴えない代わりに私は大きな損害を被ったわけです。(結果的には泣き寝入り?って後で思いましたが。)

 

今回のコロナ問題で、ネットニュースなんかを見ていると、大阪モデルとかあたかも大阪知事が賞賛されている様ですが、

 

大阪知事やその他の知事達も多くの間違いを犯していることに気がついている人も多いはずです。

 

日本国憲法では国民の自由を保障しています。

 

その自由を権力で押さえつける事は、犯罪だということをこの機会に多くの方々が認識するべきでしょう。

 

ほとんどの行政の方々はそんな事をしていなくとも、今回の様な知事が権力を振りかざす様な事をして称賛までされていると、

 

知らない方々はそれが正しいと誤解してしまいます。

 

こんなことが世の中まかり通ってはいけないと思うのです。

 

 

: - : comments(1) : - : posted by 遠山 忠宏 :
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
posted by - : 2020/05/23 7:19 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>