遠山忠宏ブログ「アドベンチャーライフ」

生ゴミ処理                 

生ゴミ処理という表現はあまり好きではありません。

 

なぜかと言えば、生ゴミ処理=臭い、汚いと言うイメージをお持ちの方もまだまだ多いからです。

 

今までの生ゴミ処理は、好気発酵と行って酸素を必要とする菌を使った処理方法です。

 

その為、よくかき混ぜる必要があるので匂いも大気に放出する為臭いと言うイメージを持つ方が多いです。

 

しかし、私たちが行っているメタン発酵は嫌気発酵と言い酸素を必要としない菌を使いますから、密閉された外気に触れない箱の中で処理するので匂いは出ません。

 

そこのところが、まだあまり普及していないので知らない方が多いのです。

 

そして生ゴミは、ゴミではなく資源です。

 

電気や熱を生み出すエネルギーの原料であり、農産物を育てる肥料の原料なのです。

 

なので、今まではゴミとして燃やしていましたが、これからの時代は資源として有効活用する時代なのです。

 

その認識を多くの国民が持つ事で、資源に乏しい日本の現状も大きく方向転換するでしょう。

 

未来を担う子供たちに、自分たちで資源を産み出しエネルギーと食は地産地消できる循環型社会を残す為、日々精進です。

: - : comments(0) : - : posted by 遠山 忠宏 :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>