遠山忠宏ブログ「アドベンチャーライフ」

バイオマス発電                 
前回に引き続き、バイオマス発電の違いです。

このブログをお読み頂いてる皆さんは、バイオマスって何かを知っている方は多いと思います。

簡単に言えば、生物やそれに関連した物質の量の事です。

その上で、バイオマス発電は日本のF I T法では、

バイオマス(木質)を燃焼させて、発電する形態と、

バイオマス(食品残渣や汚泥、家畜糞尿等)をメタン発酵させてガス発電する形態に分かれてます。

詳細はもう少し表現が違いますから、詳しくは経済産業省のホームページ等を見て頂くとして、

なんで上記の様なざっくりとした、区分けになっているかと言えば、

再生可能エネルギーの先進国ドイツ等に右習えしているからと推測できます。

それと、木質はメタン発酵には不向きと言うか、

出来ないし、燃やして発電する技術が確立されているからなのでしょう。

ですが、木質のメタン発酵は私共で技術を確立出来ております。

今迄は不可能だったと言う事が、業界的には常識でした。

ですが、これからの時代は常識になるでしょう。

話は少しそれましたが、バイオマス資源を使った発電は全てがバイオマス発電と言う事で。


今日から3連休、良い連休を!
(私は今日明日と仕事ですが(笑))
: - : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 遠山 忠宏 :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tohyama1023.kaisei999.com/trackback/2369
<< NEW : TOP : OLD>>