遠山忠宏ブログ「アドベンチャーライフ」

バイオマス消化液利用                 

バイオマス事業での重要なポイントでもある消化液利用=液肥利用ですが、意外に国内ではあまり進んでいません。

 

その理由として、化学肥料の普及と手軽さ便利さがあげられます。

 

いちいち液体のしかも化学肥料だと20kg程度で済む肥料をバイオマス消化液=液肥だと1t位必要になりますから、

 

明確な理念や、費用対効果等がなければ使うという考えになる農業者が少ないのが現状です。

 

私達は、当然ですがビジネスなので理念も費用対効果も追求します。

 

そのためには関わるメンバーの知恵や経験値、そしてチームワークが必要です。

 

 

先日、ある上場会社の上役の方から酒の席で言われたのが「サラリーマンは嫌なことでも(矛盾してる事でも)会社の方針に従って、やらなきゃない。」

 

「でも開成の仕事はもしかしたら、日本の循環型社会と農業を変えていくかもしれない。」

 

なんてとっても嬉しい事を言ってくださいました。

 

でも、おごる事なく謙虚に自分達は今出来ることを精一杯やって行き、日々チャレンジの連続だと思っています。

 

私は昔っからの友人には「お前は頑固だ!」といたまに言われます(笑)。

 

自分的にはそんなつもりなので、「どこが?」って聞くと、「絶対妥協しない。」と言われました。

 

それは確かです(笑)。

 

でもそれは前向きな気持ちで妥協しない。良くなるためにはどんな事でも妥協しないと言う事です。

 

なので消化液=液肥利用も妥協しないで現在も研究開発を続けています。

 

ただ、私的にはいつも突っ走ってしまう癖があるために気が付いたらスタッフ達が付いて来ていない(汗)

 

なんて思う時もあり反省してます。

 

ですが、今の目まぐるしく変化する時代ですから、「変化」を恐れず「変化」を楽しむ事が大切なような気がします。

 

って言うか、常に変化、新しい事、やった事ない事大好きな性格なので(笑)。

: - : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 遠山 忠宏 :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tohyama1023.kaisei999.com/trackback/2055
<< NEW : TOP : OLD>>